FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさおとの出会い3

こんなにも刺激的で、
こんなにも快楽を求めた夜は初めてだった。


何度も何度も求めて、求められて…

初めての感覚に、理性もなにもかも捨てて悶え、シーツを掴んだ。


欲しい…もっと欲しい…
限られた時間の中で、あたしの欲望はとどまることを知らなかった。


あたしの中の女が覚醒されたとき。

まさおから離れられない…

きっとあたしは、まさおの虜になる…

別れ際のキスであたしは…
そう、確信した…

IMGP0403.jpg

写真はまさおが逝ったあと、じゃれて椅子にもたれかかったところを

まさおがパチリ・・・・・
ファインダー越しあたしは、まさおにどう写ったのかな?

まさおとの出会い2

あたしがベッドうつ伏せになると

背中から、暖かいものが覆いかぶさってくる気配を感じた…

背後から回された手が、服の中にすべりこんできて、乳首をつまみあげる。

…びくん


敏感な乳首を強くつままれて、体がビクビク震え出す。

「あーだめぇ…」

声を出したとほぼ同時に、



「おらっ!舐めろ!」

目の前に差し出されたそれを…

あたしは、無我夢中で必死になめた。


IMGP04001.jpg



いつのまにか服は脱がされ…
執拗に乳首を弄られる。

びくんっびくんっ…
なめられるたび、つままれるたび、
体がのけぞる。

「触ってと言わんと触らんで?」

ストッキングの上から、敏感なところをなでられる。


「下もこういう風にされたいんやろ?」

そう言いながらまさおは、あたしの耳に指を入れて掻き回す。

「はうん…」

「下も…して…」



絞り出すように、やっと言葉が出る。

まさおとの出会い1

チャットやメールで話はしていたものの

まさおの何かに引かれていたのかも知れない・・・・

女の感? 

やはり、予想通り・・・・・

これから、まさおの魅力に引かれてゆく私・・・・・



コンビニの駐車場で待ち合わせて

今まで食べたことのないようなお寿司をご馳走してもらって…

寿司屋を出る頃には、まさおの話に大声をあげて笑っていた。

ファミレスに寄り、パフェを食べながらまた笑った。

こんなに心から笑ったのは久しぶりかも…


夜もふけだして、お別れの時間が近づいてくる頃、
あたしは、もっとまさおと居たいと思うようになっていた。



「お風呂に入りたい・・・」




理由はなんでもよかった。

ただ、
このまま、まさおとさよならすることが、たまらなく寂しかった。

風呂1



あたしは…
まさおに心を許しすぎていたのかもしれない。

この人なら、なにをされてもいい…
心のどこかで、そう思っていたのかもしれない…

PageTop

プロフィール

masa♂ 52歳 yui♀ 27歳

masa♂&yui♀

Author:masa♂&yui♀
masa♂&yui♀ です。

性欲の強い masa♂
それを受け入れる yui♀

二人の記録を残して行こうとブログを始めました。

最新記事
カテゴリ
ブロとも一覧
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。