FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YUIとの逢瀬

2日連続で会える予定が組めたので

YUIに電話すると即答で「OK]との事。

この日を待っていたかのように喜ぶYUIに

「今度こそは必ず!」と心に刻んでおいた。


それというのも

YUIは、たった一人にしか逝かされた事が無いと言う。

SEXには自信がある訳ではないが、年相応に感じる場所は分かっているつもりだった。



その夜

「おら!ケツ出せ!」と言うと・・・・・

従順に四つん這いになるYUI・・・・・・・

PicsArt_1381849609169.jpg


十分すぎるほどに濡れた部分にゆっくり奥まで沈めると・・・・・


「ぎもちいぃ~~~」・・・・とYUIの喘ぎに混じった声がする。


すかさずスパンキングしながら・・・・

「おら! 締めてみろよ!」

「気持ち良すぎて、締められない・・・・・・」


いくら奥を突けども、ボルチオに当ててこねまわしても

こちらが汗だくになって腰を振っても・・・・・・・

一向に逝った気配は無かった。

1381927234639.jpg




そして1晩で6回以上、

恐らくバスタオル2枚を完全にヒタヒタにするほどの量が膣から噴き出すほどに

YUIに潮を吹かせてもみたが・・・・・・・

潮を吹かせてから挿入しても中で逝く事は無かった。


2日目の夜、

左手でクリを剥き出しにして・・・・・

右手の人差し指を中に入れ・・・・・・

舌先でクリを弾くクンニをすると・・・・



徐々に声を荒げたYUIは遂に逝ってしまった。


その夜、YUIは俺の腕の中で幸せそうに眠りについた。

じらしPageTop2夜の出来事

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://masayui1919.blog.fc2.com/tb.php/10-b28b84c3

プロフィール

masa♂ 52歳 yui♀ 27歳

masa♂&yui♀

Author:masa♂&yui♀
masa♂&yui♀ です。

性欲の強い masa♂
それを受け入れる yui♀

二人の記録を残して行こうとブログを始めました。

最新記事
カテゴリ
ブロとも一覧
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。